So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

小さいカブトムシ [カブトムシ]

3つ前の記事で捕まえてきたカブトムシの幼虫、発酵マットに入れてそのまま忘れていました。

ふと思い出して見てみたら当然の事ながら羽化していました。

5月の20日から2ヶ月だもんなぁ・・・。



DSC07299.JPG

DSC07298.JPG

それにしても14匹中、今現在出てきているのは7匹。

うち6匹がオス。

しかも小さい。

オスの方が羽化が遅いということなら、これから羽化するのもオスの方が多いかも・・。

しかし、子供の頃にはほとんど見なかったような小さいオスばかりが孵ってくる。

これは自然の中でも一緒で最近は大きいオスをあまり見なくなった。

腐葉土などを食べているわけだから林の中にはたくさんあるにもかかわらず。

環境の変化とかいろいろなことが関係しているのだろうか・・・。


DSC07300.JPG

とにかくメスは今のところ1匹のみ。

がんばれ~。


ミヤマクワガタの型 [ミヤマクワガタ]

6月20日に福島県南会津へ行ってきました。

梅雨入りした東北地方。

でもどうやら雨も降り始めるのは21日から。

20日いっぱいは持ちそうとのことでした。

で、現地には夜の7時半頃到着。

暗くなるにはもう少しです。

そして・・・。

やたらと多かったのがミヤマクワガタ。

街灯ごとに落ちていました。

大きさもまちまち・・・。

発見できたのは、発生の早いミヤマクワガタやコクワガタばかりでした。





大きい方。

DSC07112.JPG

エゾ型というのでしょうか。





DSC07113.JPG

これも小さめのエゾ型。





DSC07114.JPG

これは第一内歯が発達したフジ型。





DSC07115.JPG

これは・・・。

内歯がほとんど消滅したエゾ型かな。





さまざまな内歯の出現には遺伝的要素や温度環境によるものと説があるようですが、はっきりしたところはどうなんでしょう・・・。

同じ極寒の地域で幼虫の期間を過ごしてきた彼ら・・・温度や環境は似ているようにも思えるのですが・・・。




羽化&蛹化 [グランディス]

以前、蛹化していたインドグランディスのメスの蛹がいつの間にか羽化していました。


DSC06923.JPG


そして、メスだと思っていた小さ目の幼虫がいつの間にか蛹室を造っていて・・・

DSC06924.JPG

なんとオスでした。

まだまだだなぁ・・・。


雑木林 [採集記]

近所の雑木林に行ってきました。

DSC06783.JPG

すっかり夏めいて来ました。


でもまだ少し早いのか樹液を出している木はほとんどありませんでした。





DSC06784.JPG

この木は去年、たくさん樹液を出していました。





DSC06785.JPG

期待できそう。





DSC06786.JPG

で、こんな木が・・・。

ちょっと見てみるか・・・。




DSC06787.JPG

根元を蹴っ飛ばすとカブトムシの幼虫が。






DSC06788.JPG

でてくる、でてくる・・・。


キリがない・・・・。





DSC06789.JPG

木の上部には蛹室に入っているコクワガタ。





DSC06790.JPG

こんにちは。




で、カブトムシはお持ち帰り。

マットを買ってきて入れておきました。

DSC06791.JPG

全部で14匹。





DSC06792.JPG

あっという間に潜っていきます。



来月くらいには蛹室を造るのかな?

夏が楽しみです。




岡山産オオクワガタ [オオクワガタ]

DSC06582.JPG

写真は岡山産のオオクワガタのオスメスです。



DSC06581.JPG

日本列島を南に行くほどオオアゴが太くなる傾向があるらしいオオクワガタ。

ですが、いわゆる人工的な極太とか何とかには全く興味が無く、

自然界にはありえないような型よりも自然な型をこよなく愛します。


もっとも福島産も山梨産も好きだし・・・。

要はオオクワガタが好きなんです。





蛹化 [グランディス]

DSC06470.JPG

今朝見たらインドグランのメスが蛹になっていました。

2~3日前はまだ前蛹だったのでまだなりたてでしょう。

他の幼虫たちはまだまだその気はありません。

菌糸を必死で食べています。

今回はオスが多かったのかもしれません。

貴重なこのメス、大切にしないと・・・。。[ふらふら]

終齢幼虫 [グランディス]

久々の更新ですが、以前割り出し、菌糸ビンに入れておいたインドグランディスの幼虫の状況です。


DSC06171.JPG

こちらはメスでしょう。

蛹室を造りはじめたようです。



DSC06172.JPG

一方、こちらはオスです。

まだまだ大きくなりそうな感じです。



今年羽化する予定の幼虫はインドグラン10頭くらいです。

今年は少し力を入れていかないと・・・。




インドグラン・・・その後 [グランディス]

以前割り出したインドグラン。

食痕がかなり見えます。

いるいる・・・

こっちも・・・

まだ2齢です。

もう少ししたら3齢になるのかな・・・。


割り出し・続き [グランディス]

先日のインドグランの割り出しの続きをしました。

マットからは2頭出てきました。

そして産卵木からは・・・。

いるいる・・・この中に4頭の初齢が。

見づらいですが、右下の画面ギリギリに見える茶色いのもそうです。

早速、菌糸ブロックをプリンカップに詰め替えておいたのでそこに幼虫を入れます。

残念ながら、1頭はつぶしてしまいました。

先日は3頭見つけたのであわせて9頭になりました。

こんなもんでいいかな・・・。

1頭つぶしたことでそれ以上木を割るのを止めてしまったのですが、恐らくまだ入っているでしょう。

マットと共にプラケースに入れてもうしばらく待つことにします。

どっちにしても10頭少し超えるくらいかな。

累代にはそれでも充分。

無事に成長しますように。


割り出し [グランディス]

今日、ケースを見ているとケースの底に・・・。

インドグランディスです。

よく分からないですね。

ひっくり返してみました。

メスです。

オスです。

産卵木はこんな感じです。

割り出してみました。

いるいる・・・。

上にも下にも・・・。

菌糸ビンの買い置きがなかったのでまた今度割り出すことにします。

とりあえず、1本だけ家にあったビンに投入。

初齢から入れると大きくなると言うビンだそうです。

まぁ、そんなビンはたくさんあるから当てにはならないけど、温度、交換の時期に注意して

大きいインドグランを出してみたいと思います。







前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。